好きなこと、得意なことで、まず、リスクを少なく起業の一歩を目指そう!!

こんにちは。

ボスと申します。

飲食店を4年で2店舗に拡大させ、そこからインターネット広告ビジネスに進出。

飲食店を売却後、本当に自分の「好きなこと」である

「教えて前に進んでもらって喜んでもらう」

をコンセプトに

「好きなこと起業コンサルタント」として起業しています。



ボク(ボス)のコンセプトが

なぜ

好きなことで起業しよう!!得意なことで起業しよう!!

なのか??


いきなり「モチベーション」の話になりますが、

モチベーションを無理やり上げて

「よーし、やるぞーーー!!」と意気込み

物事をやろうとすることは大概

「3日坊主」になります。


モチベーションを急に上げるとさがるのも早い

なのです。

モチベーションは自然に上がるのは良いけど、
無理矢理あげる必要は無いと言えます。


だから自分の「好きなこと」「得意なこと」であれば、

別にモチベーションをあげる必要も無いし、

好きなことやるわけだから

自然と一歩が出ますよね?


そこからビジネスモデルを考えれば良いし、

インターネットでは無限に可能性が広がっているんですね。

しかも、初めにインターネットを利用してビジネスをすれば

ほぼ「ノーリスク」で始められて負担がかかりません。

いきなりリアルビジネス初めて「家賃」がかかり、その上
電気代だ、なんだと固定費がかかります。

じゃあ、売り上げ上がらなければどうすんの?

という世界ですよね?

なるべくリスク少なく、そして、
楽しくなければ仕事ってつまんないですよね?


(ご注意)

ボクは怪しげなインターネットビジネスを推奨するわけでは
ありません。
未来永劫将来につながる「考え方」を見につけてもらいます。
楽に片手間に稼ぐという訳が分からない安易なお考えの方は
ここで読むことを辞めてください。
また、ネットワークビジネスは大嫌いですからそれとも違います。



まず一歩を踏みだし

そうやって始めた小さなビジネスが大きく大きくなって

「ライフワーク」として個人個人が成り立てばなあ。

その人が笑顔になればなあ。

そして周りの人も笑顔にすることが出来たらなあ。

という思いでやっています。

さまざまな起業の「ヒント」になれば幸いです。


そして、一歩を踏み出していただければ幸いです。


その「一歩」としてご提案です!!

■(最後にプレゼントがありますので受け取ってくださいね)


「真実は地味である」

この言葉の意味が分かりますでしょうか?

何事も真実を成し遂げるには地味であるということです。


コツコツと努力を積み重ねなければ、成幸はありえませんよね?

成幸者は目に見えない「地味」なことを人知れず実践しています。

だから、今の姿があるんですよね?

そうは言うけど、でもねえ・・・

なるほど。

「そこに至るまで何に「努力」していいか分からない。」

確かにそうですよね?

何が自分が好きなのか?得意なことなのか?そこが見えないと、
どこに焦点を当てて「努力」をすればいいのか分からない。

ごもっともです^_^;

または「好きなこと」「得意なこと」はあるけど、
それで起業、副業が出来るとは思えない。

なるほどなるほど。

分かりました!!

でも、要は、「好きなこと」「得意なこと」で仕事が出来たらいいなあ。

それだったら寝る間も惜しんで努力するよ。


とそう思ってますね?

今、それが有る、無しは別にして。

了解しました。

では、今からひも解いていきましょうね。読んだ瞬間から取り掛かれるように(^^♪



目次

起業前の根本的考え

1、【自分の棚卸】

2、【目標設定のやり方】

3、【願えば叶うの勘違い】

4、【まずやってみる】

好きなことをビジネスにする

4、【市場リサーチで自分の強みを見つける】】

5、【仮説⇒実践⇒検証】

6、【アイデアはマネから入る】

7、【チラシひとつとっても商賣の視点】


8、【まとめ】


上記をまとめたレポートを今なら無料で親展しております。

あなたへの「プレゼント」です。

良かったら受け取ってください↓↓

http://my.formman.com/form/pc/LMZiQ6ZV7VWa0rVx/

==============================

【好きなこと得意なことで起業をテーマにメルマガも発行中】

今ならバックナンバーみれちゃいます!!




良かったらのぞいてくださいませ♪


起業するためには絶対必要なことも商材としてまとめています。



ボスの自信作です(^^♪

この記事へのコメント
商売を始める時、やはりビジョンを描き続け、ノーリスクは有り得ないと思っています。まだ、ローリスクがいいと思います。私の料理スキルは披露するまで至っていないものの、パスタ系のレストランならば、自身で営む事に意欲的です。
Posted by ゲスト at 2012年07月02日 16:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。